オフィス・アキ

ADHD & ASDを持つ、発達障害グレーゾーンの33歳です。ペンと紙を使ったアナログなイラストを、販売しております。

カリブの楽園・バハマの島々で、打線を組んでみた【ニュー・プロビデンス島】

こんばんは。

イラスト屋の アキです(@aki20180616)。

 

本日のテーマはバハマ諸島。

700を超える島々から成るカリブ海屈指のリゾートエリアから、9つのエリアを選び出し打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190928233104p:plain

 

▼目次

 

① 一番 (中) エグズーマ諸島

トップバッターは360以上もの島々から構成されるエグズーマ諸島。

カリブ観光のハイライトでもあるピッグビーチを擁しており、観光国家・バハマにおける唯一無二のチャンスメイカーをイメージしました。

 

② 二番 (遊) エルーセラ島

二番バッターは「カリブ海で最もすてきな島」との愛称で呼ばれるエルーセラ島。

ピンクサンドビーチやガラスウィンドウブリッジ等の絶景に恵まれており、世界中から旅行客を集める観光地という観点から、エグズーマと共にツートップを形成。

 

③ 三番 (捕) グランド・バハマ島

三番はバハマ諸島の最北端に位置する、グランド・バハマ島。

バハマ第二の都市であるフリーポート、及びルカヤ地区のある島であり、クリーンナップトリオの一角として主軸としての働きに期待。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com

 

④ 四番 (一) アンドロス島

四番にはボーンフィッシングのメッカ・アンドロス島をチョイス。

バハマ諸島を構成する700超の島々において、ダントツ1位の面積を誇る島であり、圧倒的な潜在能力を秘めたチーム屈指の長距離砲としました。

 

⑤ 五番 (左) アバコ諸島

五番バッターはアバコ諸島。

日本国内における知名度は低いものの、総人口はニュープロビデンス島やグランド・バハマ島に準ずる17,000人超を誇る島々であり、中軸の一角となる五番にラインナップ。

 

⑥ 六番 (右) ロング島

六番は沈没船の見られるダイビングスポットが魅力のロング島。

水深202mのブルーホールがある島で、右中間深い位置からのレーザービームに期待。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com

 

⑦ 七番 (二) キャット島

八番にはキャット島をチョイス。

バハマで最も高いアルベニア山(63m)を持つ島であり、類稀なる跳躍力により右中間方向への強打をシャットアウト。

 

⑧ 八番 (三) イナグア島

ラストバッターはバハマ諸島南端に位置するイナグア島。

ラムサール条約登録湿地でもあるイグアナ国立公園は、5万羽をこえるフラミンゴが群生しており、一本足打法を習得した左の巧打者。

 

⑨ 九番 (投) ニュー・プロビデンス島

ラストバッターは、首都・ナッソーを擁するニュー・プロビデンス島。

島内人口数25万人は国内総人口の7割でり、その絶対的な存在感から、エースナンバーを背負う先発ピッチャーとしてチームを牽引。

 

 

 

一番 (中) エグズーマ諸島

二番 (遊) エルーセラ島

三番 (捕) グランド・バハマ島

四番 (一) アンドロス島

五番 (左) アバコ諸島

六番 (右) ロング島

七番 (二) キャット島

八番 (三) イナグア島

九番 (投) ニュー・プロビデンス島

 

以上がバハマ諸島の島々で組んだベストナインとなります。

 

今回のラインナップにおいて一つの指針としたのは島内人口

ナッソー擁するニュープロビデンス島をエースとした上で、人口数上位のそれ以外の島々で上位打線を形成しました。

 

この他、ビミニ諸島やサン・サルバドル島といった、スタメンとして取り上げられなかった島々も、ベンチ内にてスタンバイ。

選手のコンディションや相手チームとの相性を見ながら、臨機応変に対応していきたいと思います。

 

いかがでしょうか。

これからバハマを知りたいという方が、島ごとのイメージをつかむための、一助となれば幸いです。