オフィス・アキ

ADHD & ASDを持つ、発達障害グレーゾーンの32歳です。ペンと紙を使ったアナログなイラストを、販売しております。

【営業歴9年の僕が語る】売上ノルマに潰されないコツは、他人に吐き出すこと

f:id:aki20180217:20190616182939j:plainPhoto by tomo

こんにちは。

営業歴9年目となる、アキです(@aki_20190126)。

 

営業マンにとっての最大のプレッシャーは売上ノルマ。

10年目を迎える僕のストレス解消方は、他人に吐き出すことです。

 

▼目次

 

① 会社からのノルマって、辛すぎませんか?

営業マンの皆さん。

売上ノルマって辛くないですか?

 

少子高齢化で人口が激減する中、会社から課せられる目標は昨対103%。

 

いやいや。

昨年実積を死守することだけでもものっそく大変なのに、昨対103%って……バカなのかな?

 

新製品が出るとか、何らかのプラスアルファがあれば良いですよ。

そうではなくて、数字だけが一人歩きして、あとは現場にお任せっていうのは違うと思うんですよね。

 

とはいえ、我々サラリーマンにとって会社からの指示は絶対。

売上を伸ばせるアテもないままに、無茶な予算を課せられ、達成出来ずに上司にドヤされる。嗚呼。

 

僕自身9年間もの間、このような理不尽さとつき合い、時には鬱病寸前にまで追い込まれました。

 

② メンタルの問題をフィジカルで整える

苦しい働き方を脱却するため僕が試みてきたのが、プレッシャーに負けないよう、ポジティブな考え方を身につけるということ。

 

書店に並ぶ自己啓発本を手にとってみたり、ネット上で「ノルマ プレッシャー」などとググったりして、売上目標に潰されないようなメンタルハックを血なまこになって探しました。

 

そのような努力も虚しく、どんなに素晴らしい考え方をインプットしたとしても、当月の売上が悪くなる度にビクビクしている自分がいて。

いつまで経っても強くなれない、自分自身のメンタルを呪いましたね (笑)

 

結局のところ、売上ノルマがキツいという悩みごとに対して、メンタル面からアプローチしたとしても中々上手くはいかないんですよね。

 

悩みを軽くする唯一の方法は行動。

メンタルの問題はメンタルではなく、自分自身の行動=フィジカル面から整えていくのが正解だったのです。

 

③ プレッシャーに打ち勝つコツは、誰かに吐き出すこと

プレッシャーを解消するのに必要なのは、メンタル面の強化ではなく行動。

じゃあ、どのような行動をすれば良いのかって話ですよね。

 

・販売目標に近づけるよう、一件でも多く客先へ訪問する

・仕事のストレスを起爆剤に、プライベートを充実させる

・スポーツや筋トレ等で身体を動かし、大量の汗をかく

 

上にあげさせて頂いたどの方法も正解ではあるのですが、個人的に一番おススメなのが、プレッシャーからくる辛さや苦しみを、誰かに打ち明けるということ

ありきたりなんですが、この方法が一番効果的なんですよね。

 

話すことは、(悩みを) 放すこと。

たとえ目の前の現状が変わらずとも、辛さや苦しみを打ち明けるだけで、強張っているメンタルが和らぐはずです。

 

僕自身今年も売上状況は最悪なのですが、悩みや苦しみを色々な人に手放すことで、日々の仕事に前向きな気持ちで向き合うことが出来ています。

 

④ 相談相手は妻や両親、タクシーの運ちゃんetc

以前のパワハラ記事で、おススメの話し相手として挙げさせてもらったのが両親や職場内の仲間。

身近にいる信頼できる人たちであれば、こちらの状況にも深く感情移入し得るはずです。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

2月に入籍をした今の僕にとっては、妻であるtomo (@xx_moco_xx_2)もその1人。

ムリして強い旦那を演じてバーンアウトするのであれば、小まめに弱音を吐くことで健全なメンタルを保つ方が良いですからね。

 

発達障害グレーゾーンの僕にとっては、高田馬場にある当事者達の居場所・neccoも、自分自身をさらけ出す貴重なストレス解消源。

こういった公共のピアサポートには、今後も時間の許すかぎり足を運びたいですね。

 

加えて最近では、行きつけの蕎麦屋のお婆ちゃんから、お客さんへの移動中にたまたま乗り合わせたタクシーの運転手さんにも、バンバン悩みを吐き出しています。

どこの業界も少子高齢化で売上には苦労している一緒なので、意外にも深い共感をいただけるんですよね。

 

このようにして自分の中に溜まった膿を、ありとあらゆる場所でまき散らす今日この頃。

おかげ様で上司からのプレッシャーに折れることなく、前向きな気持ちで日々を過ごしています。

 

⑤「悩んでいても仕方がない」

売上ノルマのストレスは、他人に吐き出すことで解消する。

いかがでしょうか。

 

人間は悲惨な状況に追い込まれるほどに、悩みを一人で抱えがちとなり、ますます動くことができなくなってしまう生き物。

だからこそ普段から、意識的に他人に弱音を吐いていきたいと考えています。

 

それでは最後に、売上ノルマへの不満を吐き出した時に、行きつけの蕎麦屋のお婆ちゃんから頂いた、ありがたい一言をご紹介いたしますね。

 

そのお蕎麦屋さんは、50年以上もの歴史があるものの、最近では少子高齢化に加え、各種チェーン店やファーストフードの進出もあって売上は右肩下がり。

「悩んだりしないんですか?」という僕の質問に対する、お婆ちゃんの回答がこちらでした。

 

悩んでも仕方ないじゃない

 

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com