【房総半島】千葉県に15年間住んでいた僕が、県内のJR路線で打線組んでみた

② 擬人化他

おはようございます。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

本日のテーマは千葉県の電車。

市原市内に15年ほど住んでいた僕が、県内に乗り入れているJRの路線で、打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190321205722j:plain

出典:JR東日本旅客鉄道株式会社 千葉支社

 

▼目次

 

① 一番 (中) 京葉線

千葉県内の路線において最も集客力が高いのが、ディズニーランドの最寄駅・舞浜擁する京葉線。

他県在住の人にとっては最も馴染みのある路線であり、出塁率の求められるトップバッターに抜擢。

 

② 二番 (遊) 武蔵野線

京葉線・総武線・常磐線という都心からのアクセスルートを、縦一本に結ぶのが武蔵野線。

主軸となる路線をリンクする役割により、打線のつなぎ役となる二番に並べました。

 

③ 三番 (二) 総武線各駅停車

三番バッターは、都内新宿方面から県庁所在地・千葉駅に伸びる総武各駅停車。

乗降客数・県内トップの西船橋駅があり、アベレージ能力に秀でたヒットメーカーをイメージ。

 

④ 四番 (一) 総武線快速

千葉県内の路線において大動脈の役割を担うのが、東京駅〜千葉駅間を結ぶ総武線快速。

県民の通勤には欠かせない絶対的な存在であり、チームの命運を握るスラッガーとして攻撃陣の牽引役を期待。

 

⑤ 五番 (指) 常磐線快速・成田線

総武線に準ずるポイントゲッターが、柏や松戸等の “大所” を複数抱える常磐線快速・成田線。

他の路線とは一線を画す茨城方面への路線であり、県内においては助っ人的な立ち位置のバッターです。

 

⑥ 六番 (捕) 成田線

六番には、利根川からの物資調達を目的に創設された成田線をラインナップ。

総武快速と共に成田エクスプレスを形成するなど、準クリーンナップとして、意外性のある一発に期待。

 

⑦ 七番 (右) 外房線

七番は千葉駅を起点に、茂原や東金を経て、太平洋方面へと向かって伸びる外房線。

御宿等の海水浴場に向かう路線であり、ペナントレース中盤の7~8月に強さを発揮する夏男をイメージ。

 

⑧ 八番 (左) 内房線

外房線と共に房総半島を1周するのが、千葉駅から東京湾岸の工場地帯を走る内房線。

半島最南端の館山へと至る郊外の路線であり、今回の打線では下位打線にラインナップ。

 

⑨ 九番 (投) 総武本線

ラストバッターは総武本線。

1894年に開業された県内最古の路線であり、エースナンバーを背負う先発ピッチャーとして、チームの勝敗を担う屋台骨としての働きに期待。

 

 

 

一番 (中) 京葉線

二番 (遊) 武蔵野線

三番 (二) 総武線各駅停車

四番 (一) 総武線快速

五番 (右) 常磐線快速・成田線

六番 (捕) 成田線

七番 (右) 外房線

八番 (左) 内房線

九番 (投) 総武本線

 

いかがでしょうか。

 

以上が千葉県を走るJR路線で組んだ、ベストナインとなります。

県内の交通事情を理解するためにも、ぜひとも一読してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました