オフィス・アキ

ADHD & ASDを持つ、発達障害グレーゾーンの32歳です。ペンと紙を使ったアナログなイラストを、販売しております。

【覇権の歴史】史上最大の世界帝国・イギリスで、打線を組んでみた【産業革命】

こんにちは。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

史上最大の世界帝国・イギリスの、配下となった国々で打線を組んでみました。

近代世界史への理解を深めたいという方は、ぜひぜひ目を通してみて下さい。

 

▼目次

 

① 貿易の主役は、香辛料から砂糖へ

大航海時代以降、西欧の繁栄の源となった香辛料貿易。

ポルトガルが確立した東南アジアの取引拠点は、17世紀以降、オランダへと受け継がれました。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

ところが、保冷技術の高まりと共に17世紀から18世紀にかけて香辛料の価格が暴落。

変わって需要が高まったのが、紅茶とコーヒーでした。

 

この様な時代背景から、18世紀の覇者・イギリスが注力したのが、カリブ海での砂糖プランテーションと、中国からの茶葉の輸入。

これらの資金を調達すべく、自国産業の育成にも力を入れます。

 

産業革命を機に確立した綿織物業を元に、史上最大の世界帝国を築いた世界の工場・イギリス。

その様な超大国を構成した国々で、打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190224160455p:plain

出典:イギリス帝国 - Wikipedia

 

② イギリス帝国・スターティングラインナップ

① 一番 (中) 西インド諸島 (ジャマイカ他)

リーディングヒッターに指名したのは、ジャマイカを始めとする西インド諸島。

コーヒー・紅茶の需要が高まるにつれ、砂糖の調達地としてイギリス経済に大きく貢献しました。

 

② 二番 (遊) カイロ (エジプト)

19世紀後半以降、アジアへの交易において大きな役割を果たしたのがカイロ。

インドへの最短ルート・スエズ運河を持つ、大英帝国のチャンスメーカーです。

f:id:aki20180217:20190224160621j:plain

出典:スエズ運河国有化、第二次中東戦争へ【62年前の7月26日】 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 

③ 三番 (三) 香港 (中国)

18世紀から続くイギリスの飲茶文化を、長らく支えてきたのが中国産の茶葉。

ということで3番には、南京条約以降の植民地であり、広東貿易の起点にもなった香港をピックアップ。

 

④ 四番 (捕) インド帝国 (インド他)

4番には、イギリス帝国における最重要植民地・インド帝国をピックアップ。

綿花に加え中国貿易の元手であるアヘンの供給源を担った、帝国打線における最強のポイントゲッター。

 

⑤ 五番 (一) カナダ連邦 (カナダ)

長打力の求められる5番バッターには、大英帝国一の領域を誇るカナダをセレクト。

毛皮の一大生産地となった他、新大陸におけるアメリカへの牽制役としても活躍。

 

⑥ 六番 (右) オーストラリア

19世紀初頭の1828年に、イギリス帝国植民地となったのがオーストラリア。

良質な羊毛に加え、19世紀後半にはゴールド・ラッシュも発生した得点源の一角。

 

⑦ 七番 (左) ニュージーランド

オーストラリアに続き、1840年に帝国植民地となったのがニュージーランド。

クジラやアザラシ、オットセイの取引拠点であり、意外性のある一発が魅力な下位打線の軸。

 

⑧ 八番 (投) イギリス

並み居る植民地をバックに従え、マウンドに登るのが本国・イギリス。

綿織物工業という絶対的な輸出品を武器に、18~19世紀の覇権を担った世界帝国の主。

 

⑨ 九番 (二) ケープ植民地 (南アフリカ連邦)

カイロと共にアフリカ大陸において重要視された植民地が、アフリカ最南端のケープ植民地 。

アジア航路やアフリカ開拓における要所であり、正確な中継プレーの求められるセカンドに配置。

 

③ 最大のストロングポイントはバッテリー

 

一番 (中) 西インド諸島 (ジャマイカ他)

二番 (遊) カイロ (エジプト)

三番 (右) 香港 (中国)

四番 (捕) インド帝国 (インド他)

五番 (一) カナダ連邦 (カナダ)

六番 (右) オーストラリア

七番 (左) ニュージーランド

八番 (二) ケープ植民地 (南アフリカ共和国)

九番 (投) イギリス

 

バハマからは砂糖を調達し、スエズ運河経由でインドのアヘンを中国へ持ち込む。

紅茶をキーワードとするイギリスの海上貿易を、上手く打線に盛り込んでみました。

 

並み居る国々が名を連ねるものの、このチームの中心は綿織物業という財源を抱えるイギリス本国。

綿花の供給源となったインドとのバッテリーは、イギリス帝国が誇る最大のストロングポイントと言えるでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

本日は18世紀〜19世紀の覇者・イギリス帝国の植民地で打線を組みました。

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com