オフィス・アキ

ADHD & ASDを持つ、発達障害グレーゾーンの33歳です。ペンと紙を使ったアナログなイラストを、販売しております。

【覇権の歴史】スペイン帝国の植民地で、打線を組んでみた【大航海時代】

こんばんは。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

16世紀の覇者・スペイン帝国の、当時の植民地で打線を組んでみました。

歴史を気軽に学べる様にまとめてみたので、世界史に興味がある方はぜひ一読してみて下さい。

 

▼目次

 

① 新大陸の発見により大量の銀を獲得

16世紀以降、地球上で最も力を持った覇権国が西欧の5か国でした。

f:id:aki20180217:20190309145016j:plain


 

15世紀以前の「遅れた地域」という西欧の立ち位置に変化をもたらしたのが、スペインとポルトガル。

アフリカ周りの航路開拓を行ったポルトガルに対し、スペインをアメリカ大陸を発見しました。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

新大陸からもたらされたのが大量の銀。

ポリビアのポトシ銀山を始め、アメリカ大陸で獲得した銀により、スペインは世界的な影響力を強めます。

 

その様なスペイン帝国の、16世紀当時の植民地で打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190223202935p:plain

出典:史上最も領土が大きかった帝国トップ20

 

② スペイン帝国・スターティングオーダー

① 一番 (中) サントドミンゴ (ドミニカ共和国)

新大陸において最初に手をつけられたのが、カリブの島々における砂糖産業。

トップバッターには、大航海時代におけるスペイン帝国最初の殖民地であるサント・ドミンゴをチョイス。

 

② 二番 (三) キューバ

つなぎ役となる2番バッターには、カリブ海最大の島・キューバをセレクト。

アメリカ大陸をインドだと勘違いしたコロンブスは、当時のスペイン王にこの地を日本として報告しました。

 

③ 三番 (二) ヌエバ・エスパーニャ (メキシコ他)

カリブの島々に次いで植民地となったのが、北米大陸。

アステカ帝国等の征服を機に設立をされ、本国に大量の銀をもたらしたヌエバ・エスパーニャを、クリーンナップの一角にラインナップ。

 

④ 四番 (一) ペルー副王領 (ペルー他)

北米に続き配下としたのが、ポトシ銀山の広がる南米。

累計45,000tとも言われる銀を産出した、スペイン帝国を最強国家へと引き上げた絶対的なスラッガーとして、ペルー副王領を4番に並べました。

 

⑤ 五番 (右) ヌエバ・グラナダ (コロンビア他)

5番には、コロンビアやベネズエラ等に設立されたヌエバ・グラナダ。

ペルーで発掘された銀の、本国への積み出し港となったカルタヘナは、南米大陸における最も重要な投錨地として繁栄。

 

⑥ 六番 (左) リア・デ・ラプタ (アルゼンチン他)

6番はリア・デ・ラプタ。

一部エリアにおいて、牛を始めとする家畜の大繁殖が見られ、銀をキーワードに連なる今回の打線において、意外性のある一発で攻撃に厚みをもたらす存在。

 

⑦ 七番 (遊) マニラ (フィリピン)

上位打線に並んだ新大陸の国々に対し、アジア方面の窓口を担っていたのがフィリピン・マニラ。

ガレオン貿易における中継地点であり、カットマンとして守備の要を担うショートとしてラインナップ。

 

⑧ 八番 (捕) ネーデルランド (オランダ他)

新大陸の銀や、香辛料等のアジア産品が最終的に向かったのがネーデルラント。

国際金融都市・アントウェルペンを擁することから、司令塔役を担うキャッチャーに抜擢しました。

 

⑨ 九番 (投) スペイン

このような国々を従え、"太陽の沈まぬ帝国"の頂点に君臨していたのが本国・スペイン。

大西洋を横断した不屈の精神を基に、勝負の鍵を握る先発ピッチャーとしてチームを牽引。

 

③ 長距離砲がズラリと並ぶ重量打線

 

一番 (中) サントドミンゴ

二番 (三) キューバ

三番 (二) ヌエバ・エスパーニャ

四番 (一) ペルー副王領

五番 (右) ヌエバ・グラナダ

六番 (左) リア・デ・ラプタ

七番 (遊) マニラ (フィリピン)

八番 (捕) ネーデルランド

九番 (投) スペイン

 

本国より一番近いカリブの島々から北米及び南米を開拓し、カルタヘナやマニラを通し、調達した品々がアントウェルペンに集積。

そのような新大陸を巡るスペイン、及び獲得した銀の軌跡を、上手く打順に盛り込めたと思います。

 

絶対的な銀の産出地である3・4番を軸とした、打線の破壊力は抜群。

スペイン帝国の支配した広大なエリアが、漏れなくラインナップされた超重量打線となりました。

 

いかがでしょうか?

 

本日は16世紀の覇者・スペイン帝国の植民地で打線を組みました。

 

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com