オフィス・アキ

ADHD & ASDを持つ、発達障害グレーゾーンの33歳です。ペンと紙を使ったアナログなイラストを、販売しております。

バハマ諸島の島々で、サッカーのスタメンを組んでみた【ベストイレブン】

おはようございます。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

本日のテーマはバハマ諸島。

700を超える島々から、ベストイレブンを作ってみたいと思います。

 

僕自身が今年の年末に、バハマへの旅行を予定しております。

旅の予習も兼ねて、島ごとのざっくりとした紹介もしてみますね。

f:id:aki20180217:20190219165322j:plain

出典:バハマ諸島 - Wikipedia

 

▼目次

 

①【ゴールキーパー】サン・サルバドル島

背番号1番を背負うゴールキーパーには、東部にあるサン・サルバドル島をチョイス。

ダイビングが盛んな島であり、新大陸を巡る冒険において、コロンブスが最初に上陸した陸地です。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

②【センターバック】キャット島

サイズが求められるセンターバックは、バハマで最も高いアルベニア山(63m)を持つキャット島を。

バハマ諸島の中では最も肥沃であり、ココナッツを始めとする果樹の栽培が盛んな島です。

 

③【センターバック】アンドロス島

キャット島の相方は、バハマで一番大きな島であるアンドロス島を選びました。

ありのままの自然が残されており、ダイビングやボーンフィッシュのフィッシングが楽しめます。 

 

④【右サイドバック】マヤグアナ島

最終ラインの右端に位置する右サイドバックには、バハマ諸島の東端にあるマヤガナ島を選択。

東西に長い低平なサンゴ礁の島であり、海岸は製塩地としても利用されています。

 

⑤【左サイドバック】ビミニ諸島

逆サイドには、バハマ諸島の最西端に位置するビミニ諸島をピックアップ。

作家・アーネスト・ヘミングウェイによる、小説「海流のなかの島々」の舞台となっています。

 

⑥【ボランチ】イナグア諸島

高い運動量の求められるボランチには、大小2つの島から成るイナグア諸島を選択。

国内最大の製塩工場を備えており、中盤を縦横無尽に走り回る "汗かき屋" をイメージ。

 

⑦【ボランチ】グランド・バハマ島

ボランチの片割れには、バハマ第二の都市・フリーポートのあるグランド・バハマ島。

正確なパスで中盤底からゲームを組み立てる、ピッチ上の副官的な存在。 

 

⑧【トップ下】ニュー・プロビデンス島

攻撃の要となるトップ下は、首都・ナッソーのあるニュー・プロビデンス島で決まり。

バハマ観光の拠点であり、カリブ海に散らばる島々をまとめる絶対的な司令塔。

 

⑨【右サイドハーフ】ロング島

右サイドハーフは、沈没船の見られるダイビングスポットが魅力のロング島に決定。

水深202mのブルーホールが存在する島であり、敵陣深くにまで進入する推進力に期待。

 

⑩【左サイドハーフ】エルーセラ島

左サイドハーフには、ピンク・サンズ・ビーチのあるエルーセラ島をセレクト。

注目スポットという点において、ピッグビーチを持つエグズーマに次ぐ得点源。

 

⑪【センターフォワード】エグズーマ

バハマ諸島最大の得点源が、「パイレーツオブカリビアン」の舞台となったエグズーマ。

ピッグ・メジャー・キーにあるピッグビーチは、バハマ観光におけるハイライト。

f:id:aki20180217:20190219105754j:plain

出典:かわいい生き物と一緒に泳げる5つのスポット – The used key is always bright.

 

 

 

以上がバハマ諸島のベストイレブンとなります。

 

【ゴールキーパー】サン・サルバドル島

【センターバック】キャット島

【センターバック】アンドロス島

【右サイドバック】マヤガナ島

【左サイドバック】ビミニ諸島

【ボランチ】イナグア諸島

【ボランチ】グランド・バハマ島

【トップ下】ニュー・プロビデンス島

【右サイドハーフ】ロング島

【左サイドハーフ】エルーセラ島

【センターフォワード】エグズーマ

 

知名度が高いのが、世界史的な意味で露出度のあるサン・サルバドル島と、泳ぐ豚が注目を集めるエグズーマ。

ゴールキーパーとフォワードにスタープレーヤーがいるという意味では、現在のベルギー代表に近いのかもしれません。

 

いかがてしょうか。 

この記事さえ読めばあなたも、バハマの3,000の島々に対するざっくりとしたイメージが持てる

 

 

 

はずです!!!ドヤ

 

▼参考文献

B24 地球の歩き方 キューバ バハマ ジャマイカ カリブの島々 2019~2020 (地球の歩き方 B 24)

B24 地球の歩き方 キューバ バハマ ジャマイカ カリブの島々 2019~2020 (地球の歩き方 B 24)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る