【覇権の歴史】スペイン帝国の植民地で、打線を組んでみた【大航海時代】

② 擬人化他

こんばんは。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

16世紀の覇者・スペイン帝国の、当時の植民地で打線を組んでみました。

歴史を気軽に学べる様にまとめてみたので、世界史に興味がある方はぜひ一読してみて下さい。

▼目次

① 新大陸の発見により大量の銀を獲得

16世紀以降、地球上で最も力を持った覇権国が西欧の5か国でした。

f:id:aki20180217:20190309145016j:plain

15世紀以前の「遅れた地域」という西欧の立ち位置に変化をもたらしたのが、スペインとポルトガル。

アフリカ周りの航路開拓を行ったポルトガルに対し、スペインをアメリカ大陸を発見しました。

▼関連記事

www.aki20180217.com

新大陸からもたらされたのが大量の銀。

ポリビアのポトシ銀山を始め、アメリカ大陸で獲得した銀により、スペインは世界的な影響力を強めます。

その様なスペイン帝国の、16世紀当時の植民地で打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190223202935p:plain

出典:史上最も領土が大きかった帝国トップ20

② スペイン帝国・スターティングオーダー

① 一番 (中) サン・ドミンゴ総督領 (ドミニカ共和国)

トップバッターはサント・ドミンゴ。

1496年にイスパニョーラ島東部に建設された、新大陸におけるスペイン帝国最初の殖民地です。

アメリカ大陸における植民都市の原型であり、コルテスやバルボア等によって成された、新大陸開拓における拠点としても機能。

打線に勢いをもたらすリーディングヒッターとして、チームを牽引する働きに期待。

② 二番 (三) キューバ総督領

二番バッターは、カリブ海最大の島・キューバ。

サント・ドミンゴと並ぶ新大陸開拓の重要拠点であり、チャンスメイクに長けた堅実なつなぎ役と致しました。

1519年に建設された首都・ハバナは、スペイン領アメリカ植民地において、メキシコシティーやリマに続く第三の世界都市。

黒人奴隷貿易に基づく砂糖産業においても、本国に多大な利益をもたらしました。

③ 三番 (二) ヌエバ・エスパーニャ (メキシコ他)

三番はスペイン語で「新スペイン」の意味を持つ、北米大陸のヌエバ ・エスパーニャ。

アステカ帝国の征服を機に建設された植民地で、西領アメリカにおいては “本丸” 的存在。

南北新大陸侵略やアカプルコ貿易の拠点を担うと共に、メキシコ銀の産出を通して本国に大きく貢献しました。

長打力も備えるアベレージヒッターとして、クリーンナップの一角に任命。

④ 四番 (一) ペルー副王領 (ペルー他)

四番バッターは南米大陸のペルー副王領。

“ドル箱” ポトシ銀山を擁する、スペイン黄金期における最重要植民地です。

この地で産出された銀は累計45,000トンとも言われる膨大なものであり、16世紀の覇権国家として、スペイン帝国の立場を確立。

重量級のバッターの並ぶ今回のラインナップにあって、絶対的な得点力を誇る唯一無二のスラッガーです。

⑤ 五番 (右) ヌエバ・グラナダ (コロンビア他)

五番にはヌエバ・グラナダをラインナップ。

1717年に南米大陸北西部に設立された、コロンビアやパナマ、エクアドルやベネズエラ等を含む植民地です。

ペルーで発掘された銀やエメラルドの、本国への積み出し港を担ったカルタヘナは、南米大陸内における最も重要な投錨地として繁栄。

絶対的な主軸の後ろを担う副砲として、勝敗を決定づけるダメ押しの一打を期待。

⑥ 六番 (左) リア・デ・ラプタ (アルゼンチン他)

六番はリア・デ・ラプタ。

スペイン領アメリカの支配分散や、ブラジル南部と接するラプラタ川北岸で、ポルトガルの侵略に備える必要性から、1776年に設立されました。

一部エリアにおいて、牛を始めとする家畜の大繁殖が見られ、産業革命により高まったヨーロッパからの皮部品の需要に対応。

銀をキーワードに連なる今回の打線において、意外性のある一発で厚みをもたらすプルヒッターをイメージ。

⑦ 七番 (遊) マニラ (フィリピン)

七番バッターはマニラ。

マゼランのフィリピン到達を経て、1571年に建設された、帝国内におけるアジアの送金窓口です。

スペイン帝国黄金期においては、メキシコアカプルコ間とのガレオン貿易の中継地点として、新大陸産の銀とアジア産品の取引の拠点に。

世界をひとつなぎとした港湾都市であり、カットマンとして守備の要を担う遊撃手にラインナップ。

⑧ 八番 (捕) スペイン

八番バッターはスペイン本国。

コロンブスによるアメリカ大陸発見以降、新大陸からの収奪により “太陽の沈まぬ帝国” の頂点に君臨した、16世紀の覇権国です。

その最大領有面積は、史上5番目に大きいと言われる2,000万㎢。 

広大な植民地のまとめ役として、グランド内の司令塔である奥義の要・キャッチャーにラインナップ。

⑨ 九番 (投) ネーデルラント (オランダ他)

ラストバッターはネーデルラント。

カール一世のローマ皇帝即位によりスペイン領となった配下国であり、国際金融センター・アントウェルペン擁する帝国随一の商業地域です。

カトリックを推奨したスペイン帝国において、商売熱心なプロテスタント信者が集まったのがこちら。

持ち前の勤勉さを活かし、勝敗のカギを握る先発ピッチャーとして、堅実なピッチングに期待。

▼参考文献

逆転のイギリス史 衰退しない国家

逆転のイギリス史 衰退しない国家

  • 作者:玉木 俊明
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2019/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

③ 長距離砲がズラリと並ぶ重量打線

一番 (中) サントドミンゴ総督領

二番 (三) キューバ総督領

三番 (二) ヌエバ・エスパーニャ

四番 (一) ペルー副王領

五番 (右) ヌエバ・グラナダ

六番 (左) リア・デ・ラプタ

七番 (遊) マニラ (フィリピン)

八番 (捕) スペイン

九番 (投) ネーデルラント

本国より一番近いカリブの島々から北米及び南米を開拓し、カルタヘナやマニラを通し、調達した品々がアントウェルペンに集積。

そのような新大陸を巡るスペイン、及び獲得した銀の軌跡を、上手く打順に盛り込めたと思います。

絶対的な銀の産出地域が3・4番を務める打線の破壊力は抜群。

北イタリアやハンガリー等の有力な領有域ですらベンチスタートとなる、超重量打線となりました。

いかがでしょうか?

本日は16世紀の覇者・スペイン帝国の植民地で打線を組みました。

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました