オフィス・アキ

ペンと紙でイラストを製作・販売している夫婦です。当サイトを通して、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

【覇権の歴史】オランダ海上帝国の貿易拠点で、打線を組んでみた【香辛料貿易】

おはようございます。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

17世紀の覇権国・オランダ海上帝国の、植民地や貿易拠点で打線を組んでみました。

近世ヨーロッパ史に興味のある方は、ぜひ目を通してみて下さい。

 

▼目次

 

① 香辛料貿易の源泉は日本産の銀

オランダに先んじて、16世紀の覇権国となったのが、ポルトガルとスペイン。

ポルトガルは東南アジアの香辛料貿易を独占し、スペインは新大陸から産出された大量の銀を通して経済的な発展を遂げました。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

上記2か国の収益源の内、オランダが引き継いだのは香辛料貿易。

インドや東南アジアにおける取引拠点を中心に、世界的な海上帝国を築きます。

 

オランダ海上帝国の強さの源は日本産の銀。

長崎の貿易を通して獲得した大量の銀が、香辛料を調達する際の財源となりました。

 

日本産の銀を元手に香辛料の輸入を行い、稼いだ収益で毛織物業や貿易業といった自国の産業を育て上げる。

その様なオランダ海上帝国において、配下となっていた国々や貿易拠点で打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190224114332j:plain

出典:世界最富裕の海上帝国だったオランダ - いたたた・・タイ - Yahoo!ブログ

 

② オランダ海上帝国・スターティングオーダー

① 一番 (中) ゼーランディア (台湾)

トップバッターは、中国エリアでの貿易拠点となったゼーランディア。

生糸や絹織物といった、中国産の絹製品の調達地としての役割を担いました。

 

② 二番 (遊) 長崎 (日本)

調達した絹製品を持ち込んで向かったのが、当時江戸時代であった長崎。

この地で獲得した大量の銀は、オランダ海上帝国における強さの源となりました。

 

③ 三番 (左) コーチン (インド)

3番バッターには、オランダ海上帝国におけるインドの拠点・コーチン。

香辛料はもちろんのこと、綿織物の取引拠点にもなったチャンスメーカー。

 

④ 四番 (一) バタヴィア (インドネシア)

インド産の綿製品との交換で得たのが、最大の収益源である東南アジア産の香辛料。

取引拠点の核となった現インドネシアのバタヴィアを、打線の主軸に抜擢しました。

 

⑤ 五番 (三) マラッカ (マレーシア)

バダブィアと共に東南アジア貿易の核となったのが、ポルトガルから奪ったマラッカ。

香辛料調達における重要拠点の一角として、ポイントゲッターとしての役割に期待です。

 

⑥ 六番 (右) ニューアムステルダム

オランダ海上帝国における貴重な収益源が、ニューアムスターダム (現ニューヨーク)。

この地で調達したビーバーの毛皮は、オランダ本国の経済を強く牽引。

 

⑦ 七番 (二) シント・ユースタティウス島

砂糖の調達先として配下に置かれたのが、カリブ海に浮かぶ小さな島々。

スタメンには交易の中心地としても栄えた、シント・ユースタティウス島をセレクト。

 

⑧ 八番 (捕) ケープタウン (南アフリカ共和国)

アジア貿易における中継地点として、香辛料貿易を下支えしたのがケープ植民地。

本国との距離感も踏まえ、守りの要であるキャッチャーとしました。

 

⑨ 九番 (投) オランダ

このチームの"最大の違い"が、貿易で稼いだ収益を自国の産業に昇華したオランダ本国。

抜群の投球術でチームを勝利に導く、絶対的なエースをイメージ。

 

③ ショートを中心とする守り勝つ野球に期待

 

一番 (中) ゼーランディア (台湾)

二番 (遊) 長崎 (日本)

三番 (左) コーチン (インド)

四番 (一) バタヴィア (インドネシア)

五番 (三) マラッカ (マレーシア)

六番 (右) ニューアムステルダム (アメリカ合衆国)

七番 (二) シント・ユースタティウス島

八番 (捕) ケープタウン (南アフリカ共和国)

九番 (投) オランダ

 

中国産の絹製品を元手に日本銀を調達し、香辛料獲得への原資とする。

一番から始まる上位打線においては、オランダ版香辛料貿易の商流をしっかり盛り込めたと思います。

 

スターティングメンバーの核となるのは、日本銀の供給源となった長崎。

オランダ海上帝国は支配領域が大きかった訳ではないので、ショート・長崎を中心とする守り勝つ野球に期待しましょう。

 

いかがでしょうか?

 

本日はオランダ海上帝国の貿易拠点や植民地で、打線を組んでみました。

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com