オフィス・アキ

ペンと紙でイラストを製作・販売している夫婦です。当サイトを通して、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

【覇権の歴史】スペイン帝国の植民地で、打線を組んでみた【大航海時代】

こんばんは。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

16世紀の覇者・スペイン帝国の、当時の植民地で打線を組んでみました。

歴史を気軽に学べる様にまとめてみたので、世界史に興味がある方はぜひ一読してみて下さい。

 

▼目次

 

① 新大陸の発見により大量の銀を獲得

16世紀以降、地球上で最も力を持った覇権国が西欧の5か国でした。

f:id:aki20180217:20190223203009j:plain

 

ポルトガルと共に、「遅れた地域」・西欧の覇権への足がかりを作ったのがスペイン。

アフリカ周りの航路開拓を行ったポルトガルに対し、スペインをアメリカ大陸を発見しました。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com

 

新大陸からもたらされたのが大量の銀。

ポリビアのポトシ銀山を始め、アメリカ大陸で獲得した銀により、スペインは世界的な影響力を強めます。

 

その様なスペイン帝国の、16世紀当時の植民地で打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190223202935p:plain

出典:史上最も領土が大きかった帝国トップ20

 

② スペイン帝国・スターティングオーダー

① 一番 (中) サント・ドミンゴ (ドミニカ共和国)

新大陸において最初に手をつけられたのが、カリブの島々における砂糖産業。

トップバッターには、大航海時代におけるスペイン帝国最初の殖民地であるサント・ドミンゴをチョイス。

 

② 二番 (三) キューバ

つなぎ役となる二番バッターには、カリブ海最大の島・キューバをチョイス。

アメリカ大陸をインドだと勘違いしたコロンブスは、当時のスペイン王にこの地を日本として報告しました。

 

③ 三番 (右) アステカ王国 (メキシコ)

カリブの島々に次いで配下となったのが、北米大陸で栄えていたアステカ帝国。

スペイン帝国に大量の銀をもたらした得点源として、クリーンナップの一角にしました。

 

④ 四番 (一) インカ帝国 (ペルー他)

北米大陸に続いて開拓されたのが、南米大陸に築かれていたインカ帝国。

ポトシ銀山から大量の銀が産出されるなど、スペイン帝国最大のポイントゲッターです。

 

⑤ 五番 (捕) コロンビア

インカ帝国から発掘された銀の、本国への積み出し港となったのがコロンビア。

試合を決定づける一打の多い、得点圏打率に秀でた"打てる捕手"をイメージ。

 

⑥ 六番 (左) ベネズエラ

ベネズエラでは、チョコレートの素となるカカオのプランテーション経営が行われました。

嗜好品の産出国として、クリーンナップの残したランナーを返す働きに期待。

 

⑦ 七番 (二) マニラ (フィリピン)

新大陸の支配を主としたスペイン帝国において、アジアの拠点となったのがマニラ。

絹や陶磁器という中国産品の調達地であり、意外性のある一発で下位打線を盛り上げる存在。

 

⑧ 八番 (遊) ネーデルランド (オランダ他)

16世紀頃より商業・芸術共に、ヨーロッパの中心地として栄えつつあったネーデルランド。

守備の要として、花形のポジションでもあるショートに配置することに致しました。

 

⑨ 九番 (投) スペイン

エースナンバーを背負うのは、もちろん本国・スペインでしょう。

ラテン人特有のポジティブシンキングから、ピンチの際にも動じないマウンド度胸が魅力。

 

③ 長距離砲がズラリと並ぶ重量打線

 

一番 (中) キューバ

二番 (三) サン・ドミンゴ (ドミニカ共和国)

三番 (右) アステカ王国 (メキシコ)

四番 (一) インカ帝国 (ペルー他)

五番 (捕) コロンビア

六番 (左) ベネズエラ

七番 (二) マニラ (フィリピン)

八番 (遊) ネーデルランド (オランダ他)

九番 (投) スペイン

 

本国より一番近いカリブの島々を開拓し、北米大陸を経て南米に至る。

その様なスペインの足跡を、上手く打順に盛り込めたと思います。

 

アステカ王国 & インカ帝国という、銀の財源となり得た3、4番を中心とする打線の破壊力は抜群。

アルゼンチンやチリといった強打者がスタメン落ちとなる、超重量打線となりました。

 

いかがでしょうか?

 

本日は16世紀の覇者・スペイン帝国の植民地で打線を組みました。

 

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com