オフィス・アキ

ペンと紙でイラストを製作・販売している夫婦です。当サイトを通して、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

【覇権の歴史】ポルトガル海上帝国の植民地で、打線を組んでみた【大航海時代】

おはようございます。

イラスト屋のアキです(@aki_20190126)。

 

大航海時代の主役・ポルトガル海上帝国の、配下となった国々で打線を組んでみました。

大学受験生の皆さまや、世界史を学んでみたい社会人の方はぜひ読んでみて下さい。

 

▼目次

 

① 香辛料貿易で莫大な利益を享受

16世紀以降の覇権国として取り上げられているのが、下記の5か国です。

f:id:aki20180217:20190223170737j:plain

 

15世紀以前の「遅れた地域」という西欧の立ち位置に変化をもたらしたのが、ポルトガルとスペイン。

コロンブスの派遣によりアメリカ大陸を発見したスペインに対して、ポルトガルはアフリカ周りの航路開拓を推し進めてきました。

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

結果的には、アジアとの直接的な香辛料貿易を実現。

莫大な利益を得ることで、世界各地に植民地を持つ海上帝国としての地位を確立しました。

 

その様なポルトガルの、16世紀当時の植民地や貿易拠点で打線を組んでみました。

f:id:aki20180217:20190222211606j:plain

出典:ポルトガル帝国の地図-地図ポルトガル帝国(南欧諸国-ヨーロッパ)

 

② ポルトガル海上帝国・スターティングオーダー

① 一番 (遊) ルアンダ (アンゴラ)

15世紀末以降のポルトガル帝国において、アフリカ西海岸の拠点となったのがルアンダ 。

1490年と帝国結成初期の入植地であることから、トップバッターにチョイス。

 

② 二番 (二) モザンビーク島 (モザンビーク)

繋ぎ役となる2番バッターには、アフリカ東海岸の拠点となったモザンビーク島を。

ポルトガルの収益源となった香辛料貿易において、アジアとの中継点としての役割を背負いました。

 

③ 三番 (中) ゴア (インド)

アジアでの貿易を独占したポルトガル海上帝国にあって、最も重要視された拠点がゴア。

ポルトガル黄金時代の象徴として、クリーンナップの一角である3番に置いてみました。

 

④ 四番 (一) ブラジル

南米の大国・ブラジルは、ポルトガル海上帝国におけるアメリカ大陸唯一の植民地。

砂糖プランテーションや金の産出を通して、ポルトガル経済を牽引してきた打線の主軸です。

 

⑤ 五番 (三) マラッカ (マレーシア)

5番には東南アジアでの交易において、重要な拠点を担ったマラッカをピックアップ。

香辛料の獲得において大きな役割を担った、チーム随一のポイントゲッター。

 

⑥ 六番 (左) モルッカ諸島 (インドネシア)

赤道直下の海域に浮かぶ島々で、ライバルスペインとの争奪戦を制して獲得したのがモルッカ諸島。

丁子や肉ずくの唯一の産地であり、クリーンナップの残した走者を返す働きに期待。

 

⑦ 七番 (右) マカオ (中国)

ゴアやマラッカと並ぶ貿易の拠点であり、日本との交易の中継点にもなったマカオ。

本国から最も離れた貿易拠点であり、バックホームの際に強肩が求められるライトに配置。

 

⑧ 八番 (捕) セウタ (スペイン)

アフリカ大陸におけるポルトガルの初の占有地となったのが、イベリア半島対岸に位置するセウタ。

イスラム勢力からの防波堤の役割を担っていたことから守備の要であるキャッチャーに。

 

⑨ 九番 (投) ポルトガル

チームの命運を担うピッチャーは、もちろん本国であるポルトガルに決まり。

大航海時代に見せつけたチャレンジング精神同様、強打者をも恐れぬ強気なピッチングに期待。

 

③ 役割分担の明確な、バランスの良い打線

 

一番 (遊) ルアンダ (アンゴラ)

二番 (二) モザンビーク島 (モザンビーク)

三番 (中) ゴア (インド)

四番 (一) ブラジル

五番 (三) マラッカ (マレーシア)

六番 (左) モルッカ諸島 (インドネシア)

七番 (右) マカオ (中国)

八番 (捕) セウタ (スペイン)

九番 (投) ポルトガル

 

海上帝国の礎となったアフリカの2拠点がチャンスメーカーとなり、ゴアを始めとするアジアの国々がポイントゲッターとしての役割を全う。

ポルトガルに覇権をもたらした "香辛料打線" 。の完成です。

 

4番には、砂糖の調達源となったブラジルを配置して、助っ人としての役割を期待。

派手さはありませんが、個々の役割が明確なバランスの良い打線に仕上がりました。

 

いかがでしょうか?

 

本日は大航海時代の主役・ポルトガル海上帝国の植民地で打線を組みました。

世界史を学んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com