オフィス・アキ

ペンと紙というアナログな作品を通して、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

【ご報告】猫グッズ専門店「Dolalumama」にて、イラストの展示が決まりました

明けましておめでとうございます

イラスト屋のアキです(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

猫グッズ専門店「Dolalumama(ドラルママ)」さんにて、イラストの展示が決まりました。

僕たちにとって初の作品展示ということもあり、感じたこと等を記事にまとめてみたいと思います。

f:id:aki20180217:20190105111709j:plain

▼目次

 

① 猫グッズ専門店「Dolalumama」

今回出典頂くこととなったのは、千葉県市川市にある「Dolalumama(ドラルママ)」。

東西線の行徳駅より徒歩5分圏内にある猫グッズ専門店です。

店主のママさんがご自宅の一室でされている、落ち着いた雰囲気が特徴。

雑貨、洋服、アクセサリー等、様々なグッズを揃える猫好きにはたまらないお店です。

f:id:aki20180217:20190105111731j:plain

そんなDolalumamaにて、僕たちの作品の展示が決まりました。

イラストレーターtomo (@xx_moco_xx_2)が今まで描いてきた猫関連のイラストを、1枚200円のポストカードにして販売頂いています。

ポストカードとして展示頂いている作品を、一部ご紹介しますね。

tomoのHPはこちら▶︎自由にものづくり

② 展示作品、一部ご紹介 

① 「気になる存在」

f:id:aki20180217:20190105112505j:plain

当ブログのヘッダーにもなっている1枚です。

僕が散歩中、偶然出会った子とのツーショットを撮影。

つかず離れずの距離感がtomoのツボにハマったようで、イラストにしてもらいました。

②「新米主婦とくちぶえ、そしてあなたのワイシャツ」

f:id:aki20180217:20190105111854j:plain

今春から始まる新婚生活に向けて、tomoが自身の気持ちを表現した作品。

ワクワク感を表わす五線譜を物干しざおとした、クリエイティブな一枚ですね。 

猫ちゃんのバネが良いアクセントになっています。

③「ぬくぬく」

f:id:aki20180217:20190105111844j:plain

8月3日の世界猫記念に描いた作品です。

 

イラストのモデルはtomoの飼い猫。 

尻尾をマフラーとすることで、猫のぬくもりを表現しました。

作品紹介は以上です。

上記3枚以外に、10枚以上もの作品をポストカードにして展示頂いていますので、猫好きの皆さまはぜひ一度、お店に足を運んでみて下さい。

▼Dolalumama基本情報

住所:〒272-0121 千葉県市川市末広 1丁目14?17

番号:09040277637

時間:ねこと同じく気まぐれ営業、とのこと。

   お電話でお問い合わせてみて下さい。

③ チャンスは突然転がってくる

冒頭にも書いたように、dolalumamaさんでのお取扱いは僕らにとってリアル店舗への初の出展。

その中で強く感じたことは、チャンスというのはある日突然転がってくるということです。

お店との出会いは昨年11月。

普段歩かない様な道を二人でフラフラ散歩していたところ、閑静な住宅街の中に猫が描かれた看板を目にしました。

店主のママさんにダメ元でイラストの展示を提案したところ、その場で快諾。

今回の出展へと至りました。

イラストの販売なんて言うと、取り扱ってくれるお店をネットで血眼になって探したり、直接販売店をドサ周りされている方も多いと思うんですよ。

その様なやり方も間違いではないと思うのですが、チャンスというのはタイミングであり、必要な時に必要なタイミングで訪れるものなのかなと感じます。

④ 誰にも見られない時に、どれだけ積み重ねることができるか

とはいえ、その様なチャンスを活かせるかどうかは、それまでにどれだけ準備をしてきたかにかかってている様に思います。

チャンスが来た時に、焦って頑張ろうとしても遅いんですよね。

僕たちにしても、今回の出会いを初出展へと繋げることができたのは、今までtomoがコツコツと作品を描いてきたから。

doluramamaさんから話を頂いた時点で、手元に充分な作品が揃っていて、いつでも勝負できる様な状態でした。

ブログやイラストに限らず、人はすぐにチャンスのつかみ方を知りたがります。

でも、チャンスが来た時にものに出来るか否かは普段からの準備次第なんですよ。

周りからの反応を気にする前に、まずは淡々と自分の作品を積み重ねていく。

誰にも見られていない時に、いかにコンテンツを充実させられるかが、チャンスをつかむためのちょっとしたコツの様に思います。

▼関連記事

www.aki20180217.com