オフィス・アキ

"文章×イラストで世界を変える"をモットーに、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

【社会人向け】簿記3級に40日で合格する方法をまとめてみる【時短術有】

おはようございます。

イラストを売る営業マン、アキです

(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

本日のテーマは簿記3級。

勉強時間の限られる社会人に向けて、

40日で合格する方法をまとめてみます

▼イラストの販売はこちら

www.aki20180217.com

 

▼目次

 

① 簿記3級、受講を決意!

簿記3級の受講を決意したのは10月上旬

 

8月位からブログを書く気力がすっかり失せていて、

何か別の目標が欲しかったんですよ

サーフィンや旅、サッカー観戦等、色々なことにトライする一方で、資格試験というコスパの良いチャレンジにも手を出すことにしました。

 

大学時代は経営学部であり、簿記は必修科目。

とはいえ、テストは1夜漬であり、

ほとんど勉強しませんでしたね。

 

今回の資格試験も、

勉強を始めた時には試験日まで45日を切っており、

効率的に進めていく必要がありました

 

② 具体的な勉強方法まとめ 

①「簿記教科書パブロフ流でみんな合格日商簿記3級テキスト&問題集 」 

今回使ったのはこちらのテキスト。 

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第3版

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第3版

 

取引の流れを4コマ漫画を学ぶことができ、

各項目の終わりには練習問題も掲載されている。

ベースを固める最初の一冊としてはおススメですよ

 

とはいえ、最初の参考書は何でも良いと思いますね。

取っつき易い解説と適度な練習問題がついていれば、

正直どのテキストも大差は無いのかと感じます。

 

②【鉄則①】練習問題から解いていく 

僕自身の勉強方法は、

「いきなり練習問題を解いてみて、わからないところを回答・解説で確認」というやり方。

「パブロフ流でみんな合格日商簿記」でも、

テキスト部分をすっ飛ばして、いきなり練習問題に目を通す様にしました。

 

新しい知識はインプットよりもアウトプット先行で学んだ方が身につく様に思います。

試験に出ない様な余計な知識を暗記する必要も無くなるので、効率良く勉強出来るはずです。

 

③【鉄則②】復習は翌朝⇒1週間後 

知識をしっかり定着させる為には、

学んだことを翌朝にもう一度目を通すのが理想です

 

きちんと覚えたと思っても、

一晩寝ると案外忘れるものなんですよ。

一度間違えた練習問題は、翌日しっかり復習しましょう。

 

そして、2度目の復習は1週間後がベター

厳密に日数を守る必要は無いのですが、

ザックリと翌朝⇒1週間後という流れで復習するのが効率的に思います。

 

④ 時間が足りない時の時短術 

ここで、勉強時間が足りない場合の

時短術を1点ご紹介します。

それは帳簿の作成を飛ばすこと。

 

仕訳帳や総勘定元帳、現金有高帳や当座預金出納帳等の補助簿の作成はバッサリ捨てましょう。

「パブロフ流でみんな合格日商簿記」では220ページ~250ページ迄がこれに該当します。

 

簿記三級には10以上もの帳簿があり、

全てをこなすとけっこうな時間がかかるんですよね。

帳簿の種類に応じが書き方に微妙な違いがあり、

完璧に頭に入れようとするとそれなりの労力が必要

に思います。

 

さらに過去問を解いて感じたことは、

ほとんど試験に出ないということ。

248ページの問題のみマスターしておけば、

後は思い切って捨てるのも有りだと思います。

 

⑤ 出来れば10日前には過去問を 

テキストで知識を固めたら、過去問にチャレンジしてみましょう

僕はこちらの問題集を使いました。

日商簿記3級 過去問題&テキスト

日商簿記3級 過去問題&テキスト

 

テキストを覚えるのに時間がかかってしまい、

過去問の購入は試験1週間前。

それでも、手をつけておいて本当に正解でしたね。

 

テキストで勉強した問題を違う切口で学ぶことができたし、過去問で初めて目にした知識がそのまま本試験にも出たりしました

 

③ 試験勉強を終えた感想 

11月18日に試験は無事に終了。

合否の発表は未だですが、感触は悪くなかったですよ。

▼12月3日追記

合格発表があり、無事合格となりました!

軽い気持ちで受けたけれど、

努力が報われたという意味では嬉しいですね。

 

3級は簿記の資格の中では一番易しく、

「持っていても意味が無い」という話も良く聞きます。

 

それだけに自分自身かなり甘く見ていたのですが、

実際に勉強してみると覚えることはけっこうあり、

合格するにはそれなりにまとまった勉強時間が必要

だと感じました。

 

また、試験範囲には普段の会社務めで何気なく使っている言葉もあって、社会人としての幅を広げるという意味では有効に思いました。

 

何より良かったことは、勉強を始めたことで、

ブログのスランプが解消されたということ

時間にして一日平均一時間足らずの勉強時間ではあったものの、ブログ以外のことに集中することで、

逆に書くことに対する意欲が回復してきました。

 

2級を勉強するかについては未だ考え中ですが、

今後も色々なことに興味を持ったうえで、

ブログとは良い距離感をとっていきたいですね。