オフィス・アキ

"文章×イラストで世界を変える"をモットーに、イラストの持つ無限の可能性をお届けします。

飲み会が嫌いな貴方へ、上司からのお誘いを断る為のメンタルハックを伝授

おはようございます。

イラストを売る営業マン、アキです

(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

サラリーマンの間でも意見の分かれる

上司からの飲みの誘いに応じるべきかという問題

 

飲み会出席率わずか5%弱の僕が、

お酒の席が嫌いな皆様に向けて、上司からのお誘いを断る為のメンタルハックを伝授します

▼イラストの販売はこちら

www.aki20180217.com

  

▼目次

  

① ものごとの判断基準は、自分自身の気持ち

5月の記事で紹介した様に、僕は上司からの飲みの誘いは、基本的に断るようにしています。

 

歓送迎会等のオフィシャルな飲み会には参加するものの、それ以外のプライベートなお酒の誘いに関しては、

100%に近い確率で辞退をさせて頂いています

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

この様な話をすると、

結構な確率で反発の声が上がるんですよ。

 

・アフター5でのお付き合いも仕事の内の一部

・飲みの席に出席することで、

 上司とのコミュニケーションが深まる

・つき合いの良し悪しも評価対象に反映され得る

 

こういった意見も勿論理解出来るのですが、ものごとの最終的な判断基準はあくまで自分自身の気持ち

「行きたくない」と感じるならその感覚が正解であり、

遠慮をせずに貫くべきだと思います。

 

② 嫌われるリスクを引き受けなければ、欲しいものは手に入らない

アフター5でのお付き合いをほとんどしない僕ですが、

幸運なことに今のところは、

上司始め周りの方々と上手くやれていると思います。

 

もちろん、嫌われることが怖いという感覚は、

僕の中にもありますよ。

部長からのお誘いを断って、

翌朝出社することが億劫になる時もある。

 

その一方で感じることは、

相手から嫌われるというリスクを冒さなければ、

欲しいものは手に入らないという事実。

 

やっぱり僕は、アフター5の時間を自分が本心からワクワクすることに使いたいんですよ。

数年前であれば合コンやナンパ。

最近であればブログや交流会参加等。

 

周りからの評価を気にしている限り、

この様に自由な時間は中々確保出来ないんですよね。

プライベートな時間を自分の好きな様に使う為、

あえて嫌われるリスクを背負っています

 

③ 大切なのは上手く断ろうとしないこと

以前の記事にも書いたのですが、

断る時は上手く断ろうとしないことが大切

だと思います。

 

他人からのお誘いは、

断るだけでもかなりのエネルギーを要するもの。

上手く断ろうだなんて考えてしまうと、

余計に難しくなってしまいます。

 

極端な話、ビビッて声が震えても、

恐怖で顔が強張っても、何ならその場でウンコを漏らしても構わないんですよ(笑)

だけど、断るという1点だけは死んでも譲らない。

 

その様に開き直ってみると、断るという行為に対する心理的なハードルが相当下がってきませんか

 

上手く断れないことで悩んでいるのなら、

上手く断ることを止めてみる。

気の乗らない飲み会から抜け出したいという方は、

断り方に悩む時間を手放してみて下さい。