オフィス・アキ

飲み会出席率4.5%の "不良社員" が、組織に縛られずに自由に働く為のちょっとしたコツをお届けします。

【反省文】手放すことで「強み」が明確に。相方との打ち合わせで気づいたこと

おはようございます。

イラストを売る営業マン、アキです

(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

強みを見つける為に必要なのは「手放す勇気」。

相方との打ち合わせで気づいたことをまとめてみます。

 

▼目次

 

① リアル店舗出展への打ち合わせ

7日の水曜日、イラストレーターのtomoと、

リアル店舗への出展に関する打ち合わせを行いました。

 

千葉県市川市にある猫グッズ専門店「Dlaumama(ドラルママ)」にて、僕たちの作品の出展が決まりそうなんですよ。 

実現に向けて、細かい部分のすり合わせを行いました。

 

今回の打ち合わせで決まったことは下記の通り。 

出展する作品はポストカード

tomoが今まで描いたイラストの中から、

猫に関連するものを10枚程ピックアップして持ち込みます。

 

提案売価は1枚¥200

「小学生でも手に取れる価格を」とのtomoの気持ちと、「価格は出来るだけ高い値段で」との僕の考えをすり合わせた結果、まずはこの値段で持っていくこととなりました。

  

店頭への持ち込みは11月23日(土)

午前中に作品を持ち込み、お店側のご了承が出れば出展となります。

 

② 打ち合わせでの反省点

打ち合わせを通して、出展する作品や価格等が決定。

リアル店舗での出展という夢の実現が、また一歩近づきました。

 

とはいえ、打ち合わせを振り返ってみると、

あまりにも細かい部分にまで口出しをし過ぎてしまった

と反省しています。

 

営業として傍で見ていると、

沢山のアイディアが浮かんでくるんですよ。

 

それ自体は物凄く良いことだと思うのですが、

気がついたことを全て伝えようとしても、

中々上手くいかないんですよね

 

受け入れる側のキャパシティーにも限りがありますし、

あまり細かな部分まで指摘してしまうと

結果的に相手の主体性を奪うことになる。

 

結局作品を作るのは

イラストレーターの仕事ですからね。 

 

細かいところに口を挟むより、

自由にやれる余白を残してあげた方が、

相手のモチベーションも上がり、

結果的に良い作品が生まれるのだと感じました

 

③ 僕の強みは「初動力」

自分の未熟な点を反省することで、

同時に自身の持つ強みも明確に見えてきました。

 

僕のストロングポイントは行動力。

今回のリアル店舗出展を振り返ってみても、

そこの部分は顕著に表れていると思います。

 

・偶然入った猫グッズ販売店にて、自分たちのイラストをPR 

・チャンスをつかむと同時に、過去の猫関連のイラストをポストカードにプリントアウト 

・店舗への持ち込みを具体的な日時に落とし込む

 

未体験の世界を恐れず、まずは一歩を踏み出す。

デタラメでも良いので、

とりあえず出来る範囲で形にしてみる。

 

その様な僕の特性は行動力というより、

「初動力」という言葉で表現した方が

シックリくるのかもしれません。

 

▼関連記事

www.aki20180217.com

 

④ 必要なのは手放す勇気

僕の強みは初動力。

オフィス・アキの営業職としては、

"きっかけ作り"に特化していきたいですね

 

缶詰を開ける作業で例えるならば、

僕の役割は缶切りで最初の切り込みを入れること。

そこから先の蓋を引きはがす作業は、

思い切って相方に任せてみようと思います

 

誰かに何かを任せることは思いのほか難しい。

でも、勇気を出して手放すことで、

自分自身が本来やるべき役割が明確になってきます

 

役割は奪い合うのではなく手放すもの。

自分の強みを活かし続けるためにも、

その様な視点を大切にしていきたいと思います。

 

▼こちらの記事もおススメです

www.aki20180217.com