オフィス・アキ

飲み会出席率4.5%の "不良社員" が、組織に縛られずに自由に働く為のちょっとしたコツをお届けします。

【越生町】アウトドア初心者には、手ぶらで遊べる「焚き火base kokko」がおススメ

こんにちは。

リーマンブロガーのアキです(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

埼玉県の山奥に、素人が手ぶらでアウトドアを楽しめるマル秘スポットがあります。

 

焚き火base kokko。

  

定期的に焚き火イベントを行いつつ、1日1組限定で宿泊もできるログハウスです。

今回の夏季休暇を利用して、イラストレーターのtomoと遊びに行きました

f:id:aki20180217:20180819140701j:plain

 

ロケーションは東部線越生駅から車で30分。

携帯電話も届かない山奥にあるのですが、新鮮な空気と過ごしやすい快適な気温が最高でした。

f:id:aki20180217:20180817135700j:plain

f:id:aki20180217:20180817135211j:plain 

  

宿泊はログハウス内2階。

階下からの音の伝わり方がダイレクトで、普段コンクリートの建物の中で生きている僕らにとってはもの凄く新鮮でした

 

食事は全て自炊。

大自然の中で頂く料理は格別でしたね。

f:id:aki20180217:20180817135313j:plain 

f:id:aki20180217:20180817135434j:plain 

 

もちろん焚き火も満喫。 

オーナーの三宅さんに火起こしをして頂き、都心のライトアップを眺めながら焼きマシュマロを頂きました。

f:id:aki20180217:20180817161711j:plain

 

夜景も良かったですね。

僕らが遊びにいった日はあいにくの曇りで、星空を見ることは出来なかったのですが、遥か彼方に広がる都心の明かりがとてもキレイでした。 

 

素晴らしい環境とプロのサポートのお陰で、山の魅力を存分に味わえた2日間。

都内にお住まいで手軽にアウトドアを楽しみたいという方は、焚き火base kokkoにぜひぜひ足を運んでみて下さい。 

詳細情報▶静かな焚き火コミュニケーションを満喫できる2日間「焚き火ざんまい(zanmai)」一日一組限定〜都心から90分 - 日本焚き火コミュニケーション協会