オフィス・アキ

飲み会出席率4.5%の "不良社員" が、組織に縛られずに自由に働く為のちょっとしたコツをお届けします。

【ポイントサイト】不動産投資面談で稼ぐ、具体的な手順や注意事項まとめ

夏休みの旅行に向けて、まとまったお金を稼ぎたい!

残業しないリーマン、アキです(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

不動産投資の面談を3件受けて、2万5千円を稼ぎました。

具体的な手順や注意事項をまとめます。

 

▼目次

 

① 不動産投資面談のメリット

不動産投資面談のメリットは、圧倒的なコスパ

1時間強の面談で、1万円前後の現金をゲットできます。

 

面談日時や場所のリクエストが可能なので、多忙なリーマンの副業としては最適。

ちょっとしたお小遣い稼ぎに、ぜひ試してみて下さい。  

 

② 具体的な手順について

① ポイントサイトへの登録

申し込みはポイントサイト経由にて。

有名処は幾つかありますが、今一番勢いがあるのはモッピーでしょう。

 

一度登録しておけば、不動産投資面談だけでなく、ネット通販での買い物銀行口座の開設時でもキャッシュバックの対象になります。

ご登録がお済みでない方は、この機会にぜひ申請しましょう。

 

▼ご登録はこちらから

pc.moppy.jp

 

② 案件の検索

ポイントサイトの登録が完了したら、サイト内で案件を探してみましょう。

検索欄を「不動産投資」とすると、募集中の企業がいくつも上がってくるはずです。

 

ここで注意事項。

グーグルクロームを使うと、なぜかポイント反映が上手くいかないケースがあります。

スマホならsafariPCであればインターネットエクスプローラを経由してポイントサイトへアクセスするのが確実です。

 

企業サイトへアクセスしたら、面談の応募フォームを記載しましょう。

皆さんがつまづきがちな幾つかの項目について、解説をいたします。 

 

③ 応募フォーム記入

①年収

応募フォームの中で、一番ネックとなるのが年収

たいていの不動産会社は、面談への応募条件を年収500万円以上としています。

 

通常、源泉徴収票を求められることは無いので、正確な年収がバレることはまずありません。

ただし、勤続年数や所属企業の規模等、他の記載事項との辻褄が合わないと判断された場合は提示を求められることもあるかもしれません

 

②自己資金 

自己資金については、あまり気にする必要はありません。

不動産投資は銀行からの借入で行いますので、少額の初期費用で行うことが出来ます

 

僕の話をすると、投資に回すことの出来る自己資金は100万円で申告。

銀行通帳等の開示を求められることはありませんでした。

 

③志望動機 

応募フォームに志望動機を求めてくる企業もあります。

 

この際の注意点は、ポイントサイトへの言及を絶対しないこと

ポイント目的で応募をしても、そのことは伏せておきましょう。

 

 僕の場合は、下記の通り説明しました。

・30代となり、老後資金を考える様になった。

・生命保険等に一切加入していない為、利率が高いと言われている不動産投資を検討するに至った。

   

④ 電話での本人確認

応募が完了すると、数日前後で不動産会社より電話が来ます。

 

この際、どの企業からも必ず聞かれるのが志望動機

応募フォーム同様、ポイントサイトのことについては絶対触れないで下さい

 

⑤ 面談

面談時の注意事項も先ほどと同様です。

ポイントへの言及をしたら完全にアウトとなります。

 

⑥ 今後のスケジューリングについて

面談終了時に今後のスケジューリングを聞かれます。

 

・より詳細な説明をしたいので、面談をこのまま継続しないか?

・具体的なおススメ物件をピックアップするので、一度見学してみないか?

・銀行からの借入可能額だけでも査定してもらわないか?

 

僕自身は一度一人でじっくり考えたいタイプ。

いずれのご提案に対しても、保留させて頂くよう依頼をしました。

 

一度持ち帰った上で、数日塾考。

気の乗らない不動産会社については、後日下記の通りご連絡をさせて頂きました。

都内不動産価格は高騰しており、今が買い時では無いと判断。

金利は安いものの、物価とのバランス面に関してもう少し様子を見てみたい。

・現状東京都内の転入数が増えているとは言え、借入金の完済期間が数十年となることを考えると空室リスクが怖い

  

④ 注意事項まとめ

ここまで挙げた注意事項を、再度まとめさせて頂きます。

① 面談の募集はポイントサイト経由

② 応募の際はグーグルクロームを避ける

③ 応募時や面談時でのポイントサイトへの言及は厳禁

④ 電話での本人確認の際、志望動機を尋ねられる

都内不動産価格の高騰なども考慮の上返答

 

以上の要領に従って、僕自身も3社の不動産会社の面談を実施。

3社合計4時間強の面談時間で、2万5千円を稼ぐことが出来ました。

 

興味のある方は、ぜひ一度試してみて下さい!