リーマンハック

定時退社をモットーとする営業マンが、組織に縛られずに自由に働く為のちょっとしたコツをお届けします。

東京で7年暮らした俺が、山手線の各駅で "ガチ" に打線組んでみた

山手線各駅で打順組むなら、6番は秋葉原!

東京暮らし8年目を迎えているアキです。

 

山手線各駅の"実力"を、何らかの形で発信したい!

という訳で、主要な9つの駅で打線組んでみました。

 

▼目次

 

選考基準

打率は乗降客数、出塁率は乗降客数+乗り換え客数で試算。

数値はこちらを参考にしました。

 

長打力は、長距離路線の有無にて判断。

新幹線の通る東京、品川、上野の3駅には、大きな一発を期待しましょう。

 

盗塁は今回は除外。

犯罪発生率を基準にすると、今回選んだメンバーの内1番~3番に足が使えるバッターが並ぶことになるのですが……笑

 

以上を踏まえて、9駅をピックアップ。

打線を組ませて頂きました。

 

スターティングオーダー

1番 センター 池袋

出塁率を示す「乗降客数+乗り換え客数」にて堂々の2位。

埼玉県民の期待を一身に背負うリーディングヒッター

 

f:id:aki20180217:20180520214906j:plain

出典:【プロ野球】西武・秋山が年間200安打を達成 史上6人目 - 産経ニュース

 

2番 ショート 渋谷

打率を示す乗降数でチーム2位を記録。

強打の2番として、走者を返す働きにも期待。

 

f:id:aki20180217:20180520215510j:plain

出典:打撃3部門キャリアハイも。坂本勇人が語る「打撃開眼」の軌跡|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 

3番 ライト 新宿

1日の平均乗降数が300万を越える化け物。

ギネスブックにも認定されている世界1の"安打製造機"

 

f:id:aki20180217:20180520133624j:plain

出典:イチローが今季『まだ記録していない』もの | BASEBALL KING

 

4番 レフト 東京

東西2つの新幹線が通る打線の中軸。

飛距離のある放物線を広角に打ち分ける最強のホームランバッター

 

f:id:aki20180217:20180520140004j:plain

出典:筒香嘉智の打点と本塁打を調べる。「自分で決める」意識こそが大敵? - プロ野球 - Number Web - ナンバー

 

5番 DH 品川

チーム4位の乗降客数に加え、東海道新幹線を擁する強打者。

ポイントゲッターとして東京に準ずる存在。

 

f:id:aki20180217:20180520221247j:plain

出典:【MLB】大谷翔平にメジャー初本塁打献上 敵投手も賛辞「彼は最高のスイングをした」 = スポーツ - 写真 - goo ニュース

 

6番 ファースト 秋葉原

総合力を示す「乗降客数+乗り換え客数」で、上記5人に次ぐ6位にランクイン

つくばエクスプレスの開通により長打力もアップ。

 

f:id:aki20180217:20180520224427j:plain

出典:チームの重圧を全部背負って打つ!4番の主将・内川聖一が目覚めた夜。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

 

7番 サード 上野

東北新幹線を擁するパワーヒッター

打率・出塁率は高くないものの、ここぞで魅せる一発はチームの大きな得点源。

 

f:id:aki20180217:20180520135703j:plain

出典:中村剛也のニックネームおかわり君の由来は?妻と子供もチェック! | Athlete fan

 

8番 キャッチャー 原宿

東京オリン開催予定地でもある国立代々木競技場は、駅から徒歩5分圏内。

2017WBCで大爆発したあの選手と同様に、4年に一度の大舞台で男になれるか?

 

f:id:aki20180217:20180520230232j:plain

出典:小林誠司彼女現在は?フライデーされた彼女と別れた | Twincle little star

 

 

9番 セカンド 新橋

最後に余ったポジションがセカンド。

残りの駅の内、最も乗降客数の多い新橋にお願い致しましょう。

 

f:id:aki20180217:20180520230253j:plain

出典:菊池涼介選手『第43回三井ゴールデン・グラブ賞』受賞 | 野球用品、ソフトボール用品のエスエスケイ『SSK BASEBALL』

  

まとめ

いかがでしたか。

イメージだけではなく、数値的なデータに基づき "ガチ" で打線組んでみました

 

普段の記事と比べると完全にネタですね (笑)

毎回堅苦しい記事ばかりでもつまらないので、たまにはこういった記事も発信していければと思います。