リーマンハック

今いる場所に違和感を感じる20代の男性へ、オンオフ問わずに "ガチで刺さる情報" をお届けします。

【ブログ】勇気を出して、恋人にイラストをお願いした結果……

自分のブログを、沢山の人に読んで欲しい!

ブロガー歴3ヵ月のアキです。

 

おつき合いしている彼女に、ブログのイラストをお願い致しました。
その結果、むっちゃ良いこと起こりました!

 

▼目次

 

勇気を出してお願いしてみた

3週間ほど前、彼女にブログ記事のイラストをお願いしたんですよ

 

数ヶ月間一人で頑張ってきたものの、色々と限界があるなと実感。

大きな起爆剤が欲しいと思い、ブログとリアルの人間関係を繋ぐことに決めました。

 

もちろん、記事を見せる時は死ぬほど恥ずかしかったですよ。

僕の場合は、こんな記事書いてますし。

 

自分の裸を見られている様なドキドキ感。

ブログをより良いものにするための試練だと思って耐えました(笑)

 

記事のイラスト化に成功!

そんなこんなを経て、何とか記事のイラストを描いて頂けることに。

その作品が、こちら!

 

【経験者が語る】上司からのパワハラが辛い? 今すぐ誰かに悩みを打ち明けよう!  

f:id:aki20180217:20180512080209j:plain

 

「SNSで再会したら、名字が変わっていた…」辛い気持ちを一瞬で吹っ飛ばす方法 

f:id:aki20180217:20180511062408j:plain

 

【体験談】横須賀「どぶ板通り」で、アメリカ兵と肩組んで記念撮影したったWWW

f:id:aki20180217:20180521071837j:plain

 

いかがですか。

中々の出来栄えでしょ!?

 

▼イラストレーターtomoの作品はこちら

www.instagram.com

 

僕のブログに"存在価値"が生まれた

魂削って書いた記事を、可愛らしいイラストにしてもらう。

そりやぁ、もう嬉しいですよ

 

けれども一番良かったことは、イラストを描く側である彼女が、"この共同作業"を楽しんでくれているということ  

自分のイラストを誰かに発信できることが、嬉しくて仕方ないようです。 

 

僕のブログが、彼女の"生きがい"になっている。

アクセス数がまだまだ少ないこのブログに、今までに無かった存在価値が生まれました。

 

ブログのPVが少ないあなたへ 

せっかく記事を書いたのに、何も反応が無いと悲しくなってきますよね。

そんな時は少しだけ勇気を出して、誰かの力を借りてみませんか。

 

・一眼レフを持っている友人に、ブログ用の写真を見繕ってもらう。

・パソコンの詳しい同僚に、ブログをカスタマイズしてもらう。

・英語の得意なあの人に、記事を英訳で発信してもらう。

 

他人の力を借りることで、あなたのブログが相手にとっても大切な場になります

必要としてくれる人が一人でも出来れば、アクセス数なんてほとんど気にならなくなりますよ。

 

誰かに助けてもらいたいけれど、リアルな友人・知人の特技を自分のブログとどうやって組合わせて良いのかわからない。

 

そんな方は、僕のTwitter(@RrsNZnXNK2TUGhj)にDM下さい。

あなたにぴったりな方法を一緒に考えさせてもらいます。