オフィス・アキ

飲み会出席率4.5%の "不良社員" が、組織に縛られずに自由に働く為のちょっとしたコツをお届けします。

【ナンパ】ガンシカされた時の、正しいマインドセット

女の子との出会いで、一番コスパが良いのはナンパ!

残業しないリーマン、アキです(@RrsNZnXNK2TUGhj)。

 

ナンパを続けるためには、プラスの言葉を使って自分を洗脳することが大切。

声かけでシカトされた時のマインドセット、教えます。

f:id:aki20180217:20180809203728j:plain

 

▼目次

 

① ナンパ師の心を折るガンシカ

勇気を出して声をかけた女の子に、思いっ切りシカトをされる。

ナンパ師にとって、最もキツい瞬間です。

 

僕が銀座の某ナンパバーへ通っていたのは、29歳の頃。

1年間で100人位の女の子と、LINE IDを交換しましたね。

 

もちろん、失敗も沢山しましたよ

・せっかく声をかけたのに、目も合わせてくれない。

・こっちが話しかけているのに、スマホをイジっている。

・会話中、女の子同士で盛り上がり始める。

 

文字に起こしてみると、けっこうエゲツないっすね (笑)

 

 

②「この女、センスねーな」

でもね、女の子にシカトされても当時は全く傷つきませんでした。

それは、ある一言を心の中で呟いていたからです。

 

「俺みたいな良い男をシカトなんて、この女センスねーな (笑)

 

このマインドセット、効果が抜群なんですよ。

女の子に無視されることが、全く怖くなくなります。

 

「自分には自信が無いので、そんな風には思えない」

 

そんな方も大丈夫。

意識し続けている内に、すぐ慣れます

 

僕も最初は抵抗を感じてたんですよ。
でも、ナンパで失敗するたびに心の中でつぶやき続けていた結果、自然とそう思える様になりました

 

③ 思い切って自分を洗脳する

女の子にシカトされた時、「どうせ俺なんて」とショボくれるのか、あるいは「あの女バカじゃね?笑」と開き直るのか。

どっちを選ぶかで、ナンパに対するモチベーションが変わってきます

 

実際にあなたが良い男かどうかなんて、どうでも良いんです

大切なのは、現実がどうであれ心の中で「オレは良い男なんだ」と呟いてみること。

 

もちろん、人間誰しもコンプレックスの1つや2つはあると思います。

でも、自分を卑下し続けることで、そのコンプレックスは消えるのでしょうか?

 

どうせ目の前の現実が変わらないのであれば、もう思い切ってプラスのベクトルに自分を洗脳しちゃいましょう

どうせナンパするんなら、そっちの方が絶対楽しいはずです。

 

④ ナンパ以外の選択肢を持つこと

もちろん、目の前の女性への執着心を手放すためには、心の余裕も必要です。
そういう意味では、ナンパ以外に出会いの選択肢を持っておくと楽ですよ。

 

目の前のこいつに嫌われても、俺には代わりなんていくらでもいる。

こんな状態でいれたら、ナンパの成功率もググっと上がると思います。

 

数ある出会いの手段の中でも、ボクかおススメするのはエクシオ

www.exeo-japan.co.jp

 

1人でも参加可能なイベントが多く、誰でも気軽に女性と出会えます。 

ぜひ、お試し下さい。