リーマンハック

今いる場所に違和感を感じる20代の男性へ、オンオフ問わずに "ガチで刺さる情報" をお届けします。

【成功率95.5%】上司からの飲みの誘い、断る方法教えます

気のすすまないムダな飲み会なんて、行く必要なくね?

リーマンブロガーのアキです。

 

飲み会を断るコツは、上手く断ろうとしないこと

余計なことを考えず、サラッと断ってやりゃあ良いんです。

f:id:aki20180217:20180517183945j:plain

 

▼目次

 

僕の飲み会出席率は4.5%

うちの営業部長、お酒大好きなんですよ!笑

 

普段は大阪勤務なんですが、2週間に一回のペースで僕のいる東京支店に出張。

そのたんびに飲みのお誘いを頂きます。

 

2016年の4月から今まで、お声がかかること67回

他の先輩社員が嫌々参加する中、僕はこの内たった3回しか行ってません(笑)

 

67回の内の3回なので、出席率4.47%

残りの95%は全て断っているんですよね。

 

この成績は、あくまで一番断りづらい営業部長からのお誘い。

同じ支店内にいる先輩から誘われた場合は、ほぼほぼ100%の確率でお断わりさせて頂いております。

 

上手く断ろうとすんな

よく聞かれるのが、飲み会を上手く断るコツ。

それに対する僕からの提案は、上手く断ろうとすんな!ってこと。

 

単に断るってだけでも物凄いエネルギーが必要なのに、上手に断わろうなんて考えると余計難しくなります。

だから、断るって行為だけに集中する

 

ビビッて声が震えても、恐怖で顔が強張っても、何ならその場でウンコを漏らしても構わない。
だけど、断るという1点だけは死んでも譲るなってこと。

 

ムリに参加しても、好かれるとは限らない

もちろん、相手に嫌われたくないって気持ちもわかりますよ。

僕も最初は本当に怖かった。

 

でも、飲み会に参加したからと言って、相手に100%好かれるかと言ったらそうとは限らないんです。

実際、毎回お酒につき合うメンバーの中にも数人、部長との関係がギクシャクしている方がいます。

 

逆に、飲み会に参加しない僕の方が、部長からの評価が良かったりする。

この冬の査定も良く、ボーナスもがっつり頂きました。

 

これは僕のコミュニケーション能力が高いとかって訳ではなくて、たまたま今の部長との相性が良かったんですよね。

部長が変われば、今干されているメンバーとの立場が逆転することだっていくらでもあると思います。

 

飲み会に参加してもしなくとも、相手が自分のことをどう思うかなんてわからない。

どっちを取っても嫌われるリスクがあるのなら、自分のやりたい様にやった方が絶対良いじゃないですか

 

我慢をすることは、更なる我慢を生む

それでも断ることが怖いって人に、最後に一つだけ話をさせて下さい。

 

我慢をすることは、更なる我慢を生む。

これが世の中の真理です。

 

だって、そうでしょ。

飲み会の誘いにしても、一度応じてしまうと次も参加を促されるじゃないですか。

 

僕は67回"誘われた"んですが、毎回参加しているメンバーなんか予定すら聞かれないですからね。

参加すること前提で話が進められている。

 

一回参加したから、次は見逃してくれるって話では無いんです。

むしろ定番メンバーとして、抜け出すことがより難しくなってしまう

 

という訳で、断るのなら早い内の方が、絶対良いですよ。

飲み会が嫌いな人は今すぐ断わりましょう!

 

たとえ相手を不快にさせても、怒鳴られても、何なら殴られても良いじゃないですか。

その代わり、断るという部分だけは死守をする

 

これさえ意識するだけで、貴方は気の乗らないお誘いを絶対断ることができます。