リーマンハック

今いる場所に違和感を感じる20代の男性へ、オンオフ問わずに "ガチで刺さる情報" をお届けします。

第二次大戦の流れが2分でわかる動画が、オレの中で話題に!!!

「世界史を勉強してるんだけど、第二次世界大戦の流れが全然頭に入らない」

「大戦の流れを短期間で理解する方法を教えて欲しい」

本日はそんな方に向けて、記事を書いていきます。

 

おはようございます。

6月に行われるロシアW杯に向けて、歴史の勉強をしているアキです。

 

近現代史の山場・第二次世界大戦って、ややこしいですよね。

沢山の国が登場するので、流れを整理するのがけっこう大変だったりします。

 

手取り早く、第二次大戦の経過を学びたい!

そんな方に向けて本日は、1本の動画をご紹介いたします。

  

▼目次  

 

アニメで見る第二次世界大戦ヨーロッパ領土変遷〜Territorial Evolution of Europe in WWII〜

今回ご紹介する動画がこちら。

約2分間の短い映像ですが、まずはご覧下さい。


アニメで見る第二次世界大戦ヨーロッパ領土変遷〜Territorial Evolution of Europe in WWII〜

 

いやぁ、よく出来てますよね!

 

各国の顔は当時の首相。

第二次大戦におけるヨーロッパ領土変遷が、アニメーションで表現されています。

 

難しい言葉が羅列されているだけの教科書とは違い、大まかな流れがすんなり頭に入ってきます。

 

皆さんはいかがでしたか?

 

当時の国同士の関係等、細かい補足が必要な方もいますよね。

大まかにはなりますが、各国の動きを解説をしていきたいと思います。

 

動画の流れを解説

意識すべき大国は 4ヶ国

オープニング直後、各国に1933年時の首相が描かれます。

この際に意識すべき大国は、ドイツ(独)、イギリス(英)、フランス(仏)、ソ連 (ソ)の4カ国。

f:id:aki20180217:20180414041907j:plain:w351

 

国土を広げようとするドイツと、それを抑えようとするイギリス・フランス。

この2陣営の間で対立が生まれつつあったことを、まずは頭に入れておきましょう。

 

ドイツの顔がヒトラーに (21秒)

f:id:aki20180217:20180414081524j:plain:w351

動画内にて、1番最初に動きがあるのはドイツ。

再生時間21秒で、首相の顔がヒトラーに変わりました。

 

アドルフ・ヒトラーがドイツ国の首相に就任したのは1933年1月30日。

後に第二次大戦を巻き起こすことになる、ナチス政権の誕生です。

 

スペインの顔がフランコに (27秒)

f:id:aki20180217:20180429112201j:plain:w351

1930年代中盤〜後半、スペイン国内において激しい内戦が起きます。

混乱の最中、ドイツ・ヒトラーの支援を受けて首相に就任したのが、反乱軍のリーダー・フランコ。

 

自らの息がかかったフランコが、スペイン国の実権を握る。

ヒトラーの顔から、笑みがこぼれます。

 

ヒトラーがオーストリアを飲み込む(34秒)

f:id:aki20180217:20180414042237j:plain:w351

1938年、ナチス・ドイツがオーストリア共和国の併合を強行。

ヒトラーの掲げていたドイツ人国家の統合が成され、主権国家の1つが地図上から消えました。

 

このオーストリア併合を機に、ドイツは反時計回りに他国を侵略し始めます。

 

ヒトラー&スターリン(ソ)の顔が膨張 (43秒)

勢いづくドイツは、同じく1938年9月にチェコ・スロバキア領であったズデーテン地方を割譲。

更に、ソ連と共にポーランドを分割します。

f:id:aki20180217:20180414172231j:plain:w351

 

このポーランドへの侵攻の際、ドイツとソ連で結ばれたのが独ソ不可侵条約。

イギリス・フランスとの戦いに目を向けていたドイツは、ソ連との条約締結により背後を固めます

 

このタイミングで、英仏がドイツへ宣戦布告。

1939年9月、第二次世界大戦が始まりました。

 

ヒトラーが吐いた息で、フランスの首相が変わる (45秒)

f:id:aki20180217:20180414042409j:plain:w351

ヒトラーはフランス戦を前に、4つの国を侵略します。

デンマーク、スウェーデン、オランダ、ベルギー。

 

地図を見るとわかるのですが、この4ヶ国は海を隔ててイギリスと面しています。

海岸線沿いに囲むことで、イギリスの動きを抑えていくというヒトラーの意図を感じますね。

 

イギリスの動きを抑制したドイツは、フランスへ侵攻。

開戦から9ヶ月後となる1940年6月19日にフランスを降伏させます。

 

休戦協定後、フランスではドイツの息がかかったヴィシー政府が樹立。

独立性の弱い、ドイツの従属国家が誕生しました。

 

このタイミングで、イタリアがドイツ側として参戦。

同盟国フランスを失ったイギリスは、いよいよ苦しくなってきました。

f:id:aki20180217:20180414172431j:plain:w351

 

ヒトラーがスターリンを飲み込む (56秒)

ところが、ドイツは残ったイギリスを中々攻め落とすことができません。

やっぱり、海を隔てた島国が守りに入ると強いですよね。

 

根負けしたドイツの矛先は再び東へ

ユーゴスラビアを制圧すると、1941年6月、不可侵条約を結んでいたソ連への侵攻を開始します。

f:id:aki20180217:20180428112303j:plain:w351

 

スターリンがヒトラーを押し返す (1分07秒)

f:id:aki20180217:20180414172526j:plain:w351

海をまたいでイギリスと戦いつつ、東方面ではソ連を叩きにいく。

いくら何でも、これはさすがに無理ゲーでしょうね(;´Д`A

 

開戦直後は勢いのあったドイツ軍も、 広大な土地を誇るソ連をなかなか捕まえ切れません。

イギリスとの戦いにより戦力も東西に分散せざるを得ず、戦局はこう着状態へ。

 

そして1943年1月。 

スターリングラードの戦いで敗北をすると、ドイツとソ連の立場は逆転します。

f:id:aki20180217:20180428114106j:plain:w351

 

フランス首相の顔にヒビ割れ (1分21秒)

f:id:aki20180217:20180428114141j:plain:w351スターリングラードの敗北により、東部戦線で後手に回ったドイツ陣営。

西部戦線でも、 1つのターニングポイントが訪れます。

 

1944年6月、イギリス軍に加え、アメリカ、カナダの軍隊が、フランスのノルマンディー沖に上陸。

パリを制圧していたドイツ軍は、わずか1週間で降伏となりました。

 

大戦はこのまま終局に向かいます。

 

まとめ

今までご紹介した大戦中の流れを、簡単にまとめてみます。

① ドイツ軍による他国への侵略 (全て反時計回り)。

② 独ソ不可侵条約で背後を固め、英仏と開戦。

③ イギリスを攻め切れず、矛先をソ連へ矛先へ。

④ 戦局が東西にまたがり崩壊。

 

いかがでしたか。

 

かなりザックリではありますが、1本の動画を使って第二次世界大戦の流れをまとめてみました。

ご参考頂けると嬉しいです!