リーマンハック

今いる場所に違和感を感じる20代の男性へ、オンオフ問わずに "ガチで刺さる情報" をお届けします。

【W杯まで2ヶ月】現地で観戦する僕が、ロシアの歴史を1ヶ月でザックリ学んでみた

「ロシアへ旅行に行くんだけど、現地の歴史を何も知らない!」

「短期間でロシアの歴史を学びたいけれど、どの様に勉強すれば良いの!?」

本日はそのような方に向けて、記事を書いて参ります。

 

こんにちは。

2018年 FIFA W杯 ロシア大会へ参戦予定のアキです。

 

31年間の人生で初めてとなる、ロシアへの訪問。

どうせ行くなら、現地のことをもっと知りたい!

 

そんな訳で、ロシアの世界史をザックリ勉強してみました。

 

短期間でロシアの歴史を学んでみたい。

けれども、どの様に勉強すれば良いのかわからない。

 

その様な方にご参考頂ける様、時間をかけずにロシア史をザックリ理解する方法をご紹介いたします。

 

▼目次

 

FIFA W杯に向け、ロシア史を学ぼうと決意

6月に行われる、ロシアでのサッカーW杯が近づいてきましたね。

 

何と自分は……

 

チケット、取れちゃいました!笑

 

 

6月24日の日本 vs セネガル戦。

スタジアムは「エカテリンブルク・アリーナ」です。

f:id:aki20180217:20180405104915j:plain:w300

出典:Ekaterinburg Arena - World Cup Russia 2018 - The Stadium Guide

 

いつかは生で観たいと思っていたW杯、それも日本戦。

31歳にして夢が叶いました。

 

W杯への参戦も初めてなのですが、ロシアへの訪問も人生初。

せっかく行くなら前もってその国の歴史を勉強してみたい。

 

というわけで、世界史知識ゼロのボクが、ロシアの歴史を勉強してみました。

 

活用したコンテンツ 3つ

①【雑誌】るるぶロシア モスクワ・サンクトペテルブルク (るるぶ情報版海外)

るるぶロシア モスクワ・サンクトペテルブルク (るるぶ情報版海外)

るるぶロシア モスクワ・サンクトペテルブルク (るるぶ情報版海外)

 

 

まず手に取ったのは、るるぶ!笑

 

ロシアのことを何も知らなかったんでね。

歴史だけでなく、観光先やグルメなどもカバーされているということで購入しました。

 

様々な情報が網羅されている中、歴史についても4ページにわたって特集。

年表や写真などもあるので、取り掛かりとしてはオススメです。

 

②【参考書】タテから見る世界史 パワーアップ版 (大学受験プライムゼミブックス)

タテから見る世界史 パワーアップ版 (大学受験プライムゼミブックス)

タテから見る世界史 パワーアップ版 (大学受験プライムゼミブックス)

 

 

大学受験生用の参考書。

世界史を年代ごとに追うのではなく、各国ごとにまとめてくれています。

 

ロシアの歴史は約10ページ。

るるぶで目にした知識の定着に役立ちました。

 

付録のDVDには、本書の著者で学研ゼミ講師の斎藤先生による授業を収録。

北海の論述問題に対する解説により、ピョートル大帝への理解が深まりました。

 

③【Youtube】ロシアの歴史

m.youtube.com

Youtubeで学べるロシア史の授業。

 

同じ様な動画はYoutube上に幾つかあるのですが、ロシアの歴史に関してはこちらのシリーズが一番コンパクトにまとまっている様に感じました。

説明も丁寧でわかりやすいと思います。

 

参考書等で基本的な知識を身につけた後、全体的な流れを整理するために活用するのが効果的。
近代ロシア史の1つのターニングポイントである、東方及びバルカン問題の流れをしっかりとツカむことが出来ました。

 

▼ロシアの歴史 全シリーズ

ロシアの歴史①ロシアの「もと」ができるまで(世界各国史プロジェクト) - YouTube

ロシアの歴史②ツァーリたちの時代(世界各国史プロジェクト) - YouTube

ロシアの歴史③帝国主義ロシア(世界各国史プロジェクト) - YouTube

ロシアの歴史④ロシア革命とソ連(世界各国史プロジェクト) - YouTube

 

1ヶ月間のスケジューリング

観光雑誌のるるぶ

大学受験生のための参考書「タテから見る世界史」

Youtubeで学べる「ロシアの歴史」

 

これ等のコンテンツを活用し、1ヶ月間、ロシア史の勉強をしました。

 

実際に行った具体的なスケジューリングは、下記の通り。

  1日目〜10日目……「るるぶ

11日目〜20日目……「タテから見る世界史」

21日目〜30日目……「ロシアの歴史」

 

るるぶ」で歴史のガイドラインにざっと目を通し、「タテから見る世界史」で基本的な知識を定着。

最後に動画を活用して、全体的な流れを整理していきました。

 

ロシア史における5つの大きな時代区分

勉強する際には、1つ1つの単語を覚えようとするのではなく、予め全体的な流れを抑えるのがベター。

 

ボク自身は、ロシア史を学ぶにあたり5つの大きなカタマリを意識しました。

① 10世紀〜13世紀:ロシアの成り立ち

② 13世紀〜15世紀:モンゴル帝国の支配

③ 15世紀〜17世紀:独立⇨領土拡大

④ 18世紀               :南下政策

⑤ 19世紀               :ソ連建国〜崩壊

 

この様な時代区分を頭に入れた上で、キーワードをゆっくりと肉付け。

 1ヶ月間勉強した結果、ザックリとではありますがロシアの歴史を理解することが出来ました。

 

まとめ

W杯での訪問に向けた、ロシア史の勉強。

結論を言えば、メッチャ面白かった!

 

ボク自身、世界史の知識はほとんどありません。

そんな中でも、旅行というゴールがモチベーションになって、楽しく学ぶことが出来ました。

 

6月に訪問することになるエカテリンブルクには、「血の上の教会」と呼ばれる観光スポットがあります。

f:id:aki20180217:20180406045225j:plain:w300

出典:Храм-на-Крови — Екатеринбург, Россия — обзор, фото, история, достопримечательности.

 

これはロシア帝国最後の皇帝・ニコライ2世が暗殺をされた場所。

サッカー観戦の合間に見学に行く予定なのですが、歴史を学んだことで、訪問がより楽しみになりました。

 

 

いかがでしたか。

 

今回は、ロシア史をザックリ理解するために、1ヶ月間で行ったことをレポートいたしました。

皆さんのご参考となれば、と思います。